多摩川 ハゼ

多摩川へ行きました。

最下流部だけあって海沿いの影響が強い為ここは爆風です。

釣り場に着いたのはいいのですが普通は釣りをやる

環境ではないです。

でもこんな時でも釣り人はいます。皆風裏に固まっていました。

せっかく来てしまったし、エサも余っているので自分も

風裏の一団に混ぜてもらい釣りを開始しました。

シーズン初期とあって魚はやる気があるようです。

アタリは結構出ます。でも風が強く竿先があおられるので

合わせそびれが多くなります。

苦戦しながらもなんとかハゼを掛けます。

ポツポツ釣れてくれるのですが強風が一向に止まず

合わせそこねも多く流石に心が折れてきました。

風にあおられ何時も以上に竿が重く感じられます。

どうしようかと思い考えた苦肉の策は…

写真では判りづらいかもしれませんが竿先を水中に

入れてしまっています。水中で糸を貼り気味にして

竿先に集中してアタリを取ります。

風で竿や糸があおられず重みを感じませんし

穂先がぶれる事も無かったので大分楽になりました。

といっても2時間程頑張って20匹と散々な釣果でした。

この様な状況でも魚はやる気があるのに釣り人の腕の

方の問題で釣れないという結果になってしまいました。

タックル

竿 ダイワ ひなた中継

仕掛け ミャク釣り

エサ ベビーホタテ

桜エビ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする