鯉釣り 担ぎ込みアイテム2

鯉釣りの担ぎ込みアイテムを以前に公開しました。

バイクで行く事の多い自分にはいかにコンパクトにまとめるか

が重要になります。そしてもっと使いやすい物が無いかと常に

探しております。

1年程経ち結構道具の入れ替え等を行いましたので紹介します。

現在もメインに使っているバッグはFOXのCamolite Ruckall

ここにロッド意外の物はすべて入れてあります。

ロッドケースですがこれを探すのに苦労しました。

自分のロッドは仕舞寸法が4ピースで約100cmと特殊なので

なかなか釣具メーカーでは見られません。

たまに仕舞寸法が合うものがあるのですが、殆ど1~2本用とあって

自分は最低ロッド2本+タモの柄を入れないといけないので

用途に合いませんでした。

暫くはサイズの合わない竿袋にまとめて入れていたのですが、

ある日ヤフオクを見ると、フィッシングのカテゴリーではありませんが

趣味で帆布を使いハンドメイドで袋を作っている人がいました。

模造刀袋だそうです。内寸も105cm位なら入るとの事なので

直ぐに交渉しました。出品してる際、自分の欲しかった色が

出品されてなかったので連絡してみると親切な方で

近い内に制作してくるとの事なので約1月程掛かりましたが

手に入りました。

4ピースロッド2本とタモの柄えを入れても若干余裕があります。

値段もリーズナブルで生地も丈夫なので良い買い物しました。

ボイリーに関しては色々持って行くと面倒なので

この程度にまとめてしまってます。

これに時々パウダーベイトを少し持って行く程度です。

それをスノーピークのキャンプバケツにまとめて入れてます。
丈夫で荒っぽく使えるのでハサミやプライヤーなども放り込んで
いたり切ったラインなど入れる簡易ゴミ箱としても使っています。

長時間釣りをする事が少ないので仕掛けはこの程度で十分です。

リグケースの変わりに使っているのは確かワカサギ用の穂先ケースだった

様な気がします。

リグケースのがカッコいいのですが、実物を見ると幅広な物が多く、

意外にかさばりそうなのでそして自分はたくさん仕掛けを作らないので

必要性は感じませんでした。

まだ追加しているアイテムがあるので次回に続きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする