多摩川 ハゼ 

ハゼクランク?その様な単語を目にする様になったのは

1年ちょっと前だった様な気がします。

HPで見る限りこうゆう釣り方もあるんだな~くらいに

しか感じませんでした。

どちらかというと関西圏の方の情報が多かったので

する~していました。

時間が経つにつれ東京湾でもやっているHPや動画が

公開される様になり機会があればやってみようと

思うようになりました。

というわけで多摩川へいってまいりました。

ハゼ釣りのシーズンに入っているので釣り人は

それなりにいますがルアーをやっている人はいません。

とりあえずルアーを投げてみます。

今回クランクベイトを中心に用意しましたが釣れるのか

半信半疑なのでフォローでワームも持ってきました。

投げてゆっくり巻くといった単純作業を繰り返しますが

いまいち感じが釣れるイメージが沸きません。

自分がやっているポイントが間違っているのか?

それとも釣り方そのものが間違っているのか?

ちっともわかりません。

釣り方の疑問は別にしてハゼがいるのか?を確かめる

為にとりあえずワームを投げています。

底を取ってズルズルと引いてくるとツンツン

触ってくるのがわかります。

ということはポイントは間違っていないようです。

気を取り直してクランクベイトを投げ倒します。

潮が引いてきて水も澄んできた頃やっと状況が

わかってきました。

一度ポイントに当たるとものすごい数のハゼが

ルアーについて来ます。

都内近郊のルアー釣りではなかなか見られない光景です。

ただ多摩川のハゼが賢いのか?足元まで来ると殆どは

Uターンしてしまいます。

ポーズをとると良いとの情報もあったのでやってみましたが

結果は同じでむしろすぐ飽きられてしまいます。

ハゼが追いかけてくる姿が見えると集中力が続くもので

ルアーを投げ倒していました。

どの位投げたかわかりませんが突然手元にブルンと感触が

伝わってきました。

やっと釣れました。

でもハゼはクランクでも釣れるのがわかりました。

でもまぐれアタリのようでこれ以上釣れることも無く

潮も大きく引いて来たところで終了しました。

この時期はアユ釣りに集中していましたが、

これからはハゼのルアー釣りも加えようと思います。

タックル

ロッド ディースマーツ 763UL-S

リール カルディア2004H

ライン PE 0.4号

リーダー フロロ 6 ポンド

ルアー ディープ クラ・ピー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする