アユ釣りのルアーについて

アユのルアー釣りを始めて2シーズン目に入りました。

6月から解禁していたのですがコロガシ釣りの方たちが

数が出るがかなり小さいとの事を言っていたので自分は

1ヶ月ほど遅らせてのスタートにました。

今回は昨シーズンの事を振り返りながら話そうと思います。

といっても難しい事ではなく簡単に済ませます。

釣り方そのものはこちら と ここ HPの方達が詳しく

書いております。自分もほぼ同じやり方です。

オトリ鮎の代わりにミノーを使う点ではまったく同じです。

非常に参考になりました。

ただ異なる点は

写真のような小型ミノーを使う点です。

TVを見た人ならわかると思いますが遡上して

来る数が相当多いです。

その為なのか?他の河川と比べ多摩川は

魚のサイズが一回り小さく思えます。

最初はHPで見たままをそのまま同じ9cmサイズの

ルアーでやりましたが追いもしなければ

掛かる事も無かったです。

試しに投げてみた6cmのミノーに掛かった

のがきっかけでそれ以降は5~7cm位

までのルアーがメインになりました。

サイズを下げる様にしてからルアーを追いかける

姿も何度も見るようになりましたし貧果こそありましたが

必ず釣果がありました。

縄張り争いというよりは殆どの固体は

興味本位でついてきている様に感じます。

活性が高いと3~4匹位ルアーについてきます。

但し本流筋で掛かる良型は手元にガツンと

来るので縄張り意識が強いのかな?と思います。

参考程度に写真のルアーを紹介します。

最上段 ダブルクラッチIZM

最初にアユを釣ったルアー水深のある所で使います。

左上 D-コンタクト

飛距離も出て強い流れの中でもバランスを崩さないで

しっかり泳いでくれる優秀なルアーです。

現在のメインルアーです。

左下 ワイズミノーFS

偏平ボディなのでDーコンよりもアピール力が高いです

リップも頑丈なので使い勝手がよいです。

右上下 ドクターミノー

コスパも高く、躊躇無く投げられるパイロットルアー的な

存在です。

但し リップが折れやすいので予備も多めに必要です。

自分が使っているものを記載しましたが、川の流れの

中で使うことがメインなので渓流用やライトソルトルアー

などを探すともっと良い商品が見つかると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする