多摩川 アユ

多摩川に行ってきました。

前回に続いてまた鮎釣りです。

まだわからない事がいっぱいです。

鮎関係の記事を調べてますが友釣りを前提とした

記事の内容なので鵜呑みにしていくと殆ど釣りになりません。


同じポイントで9m前後の竿では探る事はできても

ルアーロッドではピンポイントも探る事もできず勝負になりません。


とりあえず川べりを歩きます。浅くて流れの緩いところは

遊び鮎がたくさんいます。

ルアーを投げてみますが見向きもされません。


しばらく歩いていると小さいながらも流れ込みがありました。

小規模ポイントながらも周辺に鮎の跳ねがよく見られます。


ここでキャストをするとマグレながら1匹つれました。

でも小さいポイントなのでルアーをキャストすると魚がすぐに沈んで

しまい跳ねも見られなくなりました。


その後、ポイントを移動してつれないまま戻ってくるとまた同じポイント

で鮎の跳ねが始まっていました。

ここでもまた1匹つれました。


粘ろうかと思いましたが、コロガシの釣り人が一部始終を見ていたようで

近くで釣りをはじめてしまいました。

こちらは鮎釣りとしては肩身がせまいのでこの場所をあきらめて移動

する事にしました。


しばらく歩くと今度は平瀬のポイントに到着しました。周辺で結構跳ね

が見られます。

1mにも満たない浅いポイントですが粘ってみることにしました。


活性が高いのか?ルアーを投げても魚が沈みません。

やはり数投でつれました。

このポイントでポツポツながら数を伸ばして何とか2桁に届きました。

この結果がマグレなのかどうか判断するにはまだ

データが必要だと思います。

川崎漁協では10/14までできるのでもう少し

研究したいと思います。


タックル


ロッド ファントムNT T565UL


リール フリームス2004


ライン フロロ5ポンド



ルアー


ダイワ ダブルクラッチIZM

ダイワ TDミノー


スミス パニッシュ

スミス DDパニッシュ








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする