多摩川 アユ

多摩川へ行きました。

今回は鮎をルアーで釣りたい為です。

鮎をルアーで釣る記事を見たのはかれこれ約1年程前。

読んだ限りでは口を使わせるというよりはルアー竿を使った友釣り

に近い感じの印象を受けました。

 

河川での鮎釣りはルールが厳格で縁のない釣り物だと思いましたが、

同じ多摩川でも  川崎河川漁業協同組合多摩地区  では
遊魚券さえ購入すれば可能との事なので物は試しにといった感じ

でやってみることにしました。


鮎ルアーの情報が無いのでとりあえず色々なHPなど見るなどして

ミノーと鮎針を数本用意しました。


ルアーでの映像を見ていると里川の狭い流れをピンスポットで

誘って掛けているシーンが殆どで、この写真で見るように太い流れの

多い多摩川では難しそうな感じでした。

(但し渇水期にはとても役に立ちそうでした)


取りあえず河川に向かいます。

天然遡上の多い河川なので鮎そのものは簡単に見つける事

ができました。


流れの有無に関係無く広範囲に跳ねているアユを見ると、
どうやら縄張りを持たない遊び鮎といわれるやつだと思います。


遊び鮎は釣る事は困難との事だったので広い川幅ながらも流れの変化

を見つけトゥイッチしながらラン&ガンを繰り返していました。


コノやり方が正しいのかも分からず歩いていたので疲れました。

やはりだめかと思い来た道を戻りながらキャストを繰り返しました。


そして一度は攻めた流れの合流点でトゥイッチをしてるとプルプル

と手元に生命観が伝わってきました。


で・・・つれちゃいました。

小さいながらも見事な背掛りでした。

この時点ではただのまぐれかと思っていました。


この調子で行こうと同じポイントにキャストをすると

今度はゴツン!と明らかに違う魚信。

 

ニゴイです。ご丁寧に鮎針をしっかり咥えていました。

どうやら鮎の群れに付いているようでこの後も

同サイズもう一本追加しました。


さらにポイント移動して同じようなポイントを

攻めるともう一匹追加できました。

まぐれでは無いと確信しました。


でもこのパターンにきずいたのが遅く、日が高くなりすぎた為

結果たった2匹しか釣れませんでした。


遊魚料の元を取るにははるかに遠いですが・・

結構満足しています。


まだまだ研究しないといけない部分も多いので

今後も追いかけて行きたいと思います。



タックル


ロッド プライムゲート662LFS


リール フリームス2004


ライン フロロ6ポンド



ルアー


ダイワ ダブルクラッチIZM

ダイワ TDミノー


スミス パニッシュ

スミス DDパニッシュ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする